3日間

『往復:JR北陸新幹線・グリーン車』名門「上高地帝国ホテル」に2連泊 歴史と伝統に彩られた至高の休日3日間

    • コースNoJ4458
    • 旅行日数 3日間

往復:JR北陸新幹線・グリーン車

名門「上高地帝国ホテル」に2連泊 歴史と伝統に彩られた至高の休日3日間

2020/4/26~2020/10/30

おひとり様⇒115,000~180,000円

朝食:2回 昼食:1回 夕食:2回

おすすめポイント

団体予約が困難な「上高地帝国ホテル」に2連泊でご案内致します

  • ★団体ツアーではご予約が難しいあの上高地帝国ホテルに2連泊
  • ★美しい自然をナショナルパークガイドと一緒にご散策いただけます。(2・3日目午前中)
  • ★往復とも北陸新幹線グリーン車を利用いたします。(東京駅⇔上田駅間)

日本における山岳リゾートの草分けとして、数多くの賓客からも親しまれてきた「上高地帝国ホテル」は日本初・本格山岳リゾートホテルとして昭和8年に開業しました。スイス・アルプスの山小屋を思わせる赤い三角屋根と丸太小屋風の外観、館内ロビーは上高地の大自然と調和した木の温もりを大切にした空間で、中央に設けられたホテルのシンボルとも言えるマントルピースはここで過ごす優雅なひとときを演出します。また、客室はどの部屋も木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気で、ゆっくりとくつろぐことができます。

ご夕食は異なる洋と和をご用意1日目のご夕食はダイニングルームでフランス料理のフルコースをご用意いたしました。(写真は料理一例)2日目のご夕食は「和食膳」をご用意。2連泊ながら、異なる趣のご夕食をお楽しみいただけます。
※夕食会場の混雑状況によって、1日目と2日目の料理内容が入れ替わる場合がございます。

上高地ナショナルパークガイドによる上高地散策<大正池>「神の降り立つ神降地」とも称される日本屈指の山岳景勝地として、年間150万人もの以上の人々が訪れる上高地。3日目は大正池へ向かって専門ガイドのウォーキングをお楽しみいただきます。
大正池は焼岳は1915年に噴火したことにより発生した熔岩や泥流によって梓川が堰き止められて出現したと言われています。池の水面はまさに水鏡となり、上高地の雄大な山々の表情を映し出しています。水没した林は幻想的な立ち枯れとなり、神秘の景観をもたらしています。(開花時期異なります)

梓川と焼岳          ▲河童橋から望む穂高連峰

旅行行程

1日目

東京駅(8:44~9:56発)==<北陸新幹線/グリーン車>==
上野駅(停車しない場合あり/(8:50~10:02発))==
大宮駅(9:09~10:22発)==上田駅==上高地(泊)15:30頃着

2日目

ホテル(8:30頃発)==上高地ナショナルパークガイドによる散策へご案内
(所要時間約3時間、途中休憩含む)【実歩行時間:約130分】==
明神地区(11:30頃着。着後、自由行動となります。)==
<各自にてホテルへ>==上高地(泊)

3日目

ホテル(8:00頃発)==上高地ナショナルパークガイドによる散策へご案内(所要時間約90分)【実歩行時間
60分】==大正池(9:30頃着。着後、自由行動となります。)
……出発まで自由行動。(チェックアウトは11:00となります)
上高地(12:30発)==旧開智学校【約60分】==
上田駅==<北陸新幹線/グリーン車>==
大宮駅(17:46~18:46着)==
上野駅(18:06~19:06着/停車しない場合あり)==
東京駅(18:12~19:12着)

宿泊ホテル

上高地帝国ホテル

現在の上高地帝国ホテル 重厚感のあるエントランスがお出迎えします。

エントランス

ロビー ツインルーム ダイニングルーム

ダイニング

 

 

 

 

[お知らせ]当サイトで使用している一部の写真は「じゃらんnet 」提供です。

※ご注意 当サイトに掲載しております情報には、様々な注意を払っておりますが、完全性・正確性などについてはいかなる保障も行いません。個人が趣味として更新しているものですので、あらかじめご了承ください。m(__)m

関連記事